ブログトップ

maririnnロラのあや日記

marry60.exblog.jp

働きながらのボランティア日誌

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 もう11月というのに、「夏日」。なんか変・・・ヘルパーである私の情緒と精神状態も異常だと自覚。「心の風邪」症状をおこす。精神を休ませないといけない。お年寄りは、人生の達人、知恵者かつ、精神コントロール者でもある。介護労働は、利用者の心理状況と一体になり勝ち。労働の原点に返らねばならない、休養を取らねばならない
a0085663_22514639.jpg
。 
[PR]
by marry60 | 2007-10-30 22:52
 お年寄りが、「レバーを食べたい」というので、さっそくつくってみた。日頃食べることなどなかったのだが、今回なるほどと納得。柔らかく、ビタミンBに溢れ、「時には食べた方がよい」のである。それに、秋となって、なんとなく口に馴染む。やはり、「知恵者」か。介護から学ぶことは、尽きぬよう・・・・
a0085663_23573869.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-10-28 23:59
 「慣れてくると別れがつらい」「一週間後だね」と御ばあさん。認知症かとも思われるのに、なんと言うことでしょう・・・・まるで「恋」の様・・・・ヘルパーの仕事にそんな「落とし穴」があるなんて・・・・・介護の仕事を続ける意義を今更のように感じてしまう。
a0085663_20495065.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-10-15 20:50
 定期的な利用者への訪問。会う度に少しづつ老化が始まっていると感じる方。全く変わらない人もいる。死とは、年齢とどう関わるのであろう。生と死は裏表なのだろうか。人間は生きたように死んでいくという言葉を思い出してしまう。夏の花と知っていた花、ブーゲンビリア、実は秋の花だという。その美しさは、格別。
a0085663_8265979.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-10-07 08:27
 彼岸が来てもさっと涼しくならない。気持ちよい秋風は望めないのか。テレビ番組で、認知症を知る。薬の使い方がたいへん重要とのこと。ヘルパーの立場であれば、なかなかそこまでわからないが、精神状態は、接しているとよくわかる。鬱に対する対処は、おくれているとつくづく実感している毎日です。
a0085663_20544423.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-10-03 20:55