ブログトップ

maririnnロラのあや日記

marry60.exblog.jp

働きながらのボランティア日誌

<   2007年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 『また来てください』『今度いつくるの』・・・・と再訪を約束されての別れ。お年よりのところにスーと入り、すーとでてくる。。。。。呼吸が合っている感じ。そのこつは移動時間などにあるようだ。呼吸を整えてから介護サービスに入る。気持ちの転換とともに・・・・ブログを毎日続けるのもその1つ。[#IMAGE|a0085663_20522853.jpg|200705/30/63/|mid|350|262#]
[PR]
by marry60 | 2007-05-30 20:58
 90過ぎの老婆はいう。『命の灯かりがぽっと見えるのよ』。そして違うおばあさん、『味気ないは駄目、味付が命』とほのかな色気を漂わす。幾つになっても、女性は女性・・・・そんな事を教えられながら、その灯かり、灯し続けんと、今日も『よりよい介護、高度なサービス』に励む。
a0085663_22351184.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-29 15:36
 91歳のお年寄りの小さな庭。でも明るい日が差して、綺麗な花が咲いている、コウフクな庭。『バラが咲いた、バラが咲いた』と口ずさむおばあさん。私は命の耀きを感じる。しっかりした介護、きちんとしたサービスで、いのちが寄り添えるヘルパーになりたいと思う。
a0085663_22573522.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-27 22:49
 日が長くなってきた。いつもの夕食の時間になっても窓の外は明るい。お年寄りは手を付けず、静かに待つように若き時の事を語る。そうしてかつても、家族の帰りを待っていたのであろうか。90過ぎても、幾つになっても、人は人恋しいのだと思う。夏が忍び込むようにやってくる明るい夕暮れ・・・・
a0085663_1750420.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-25 17:51
 「多い、キツイ、しょっぱい、強い」と言う高齢者。小皿で、塩分を抜きいて出したが駄目だった。次に中皿で、季節の野菜(きゅうり、なす、キャベツ)のアマス漬けを1つ。同じく中皿に、レタスを敷き、真ん中にポテトサラダを据え、マヨネーズをあしらえた。「美味しい、美味しい、大好き」とお年よりは、全部平らげる。人生ってこんなものかしら。
a0085663_1635024.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-24 16:35
a0085663_05223.jpg
 歳をとることで怖さを知り、怖さを知って歳をとる。それが人生カナとも思う。ヘルパーとなって学んだ事の1つ。息子たちがアジサイを持ってきてくれた。紫陽花についてしばし語る至福のひと時。「あまり無理しないで」と、やはり息子は優しい・・・・これもヘルパーになった喜びの1つ。少しづつ、少しづつ奥へ入っていく、すると光が差し込み、視界が一挙に広がるのだ。
[PR]
by marry60 | 2007-05-24 00:06
 高齢者の幸せが、姥捨て山を越えたところにある以上、介護労働者の使い捨ては、お年寄りの大敵であろう。誰よりも本人、当事者がこの敵と闘う必要あり、とつくづく感じる今日昨今である。奥深い介護の世界、着実、堅実に入っていかねばとも思う。
a0085663_21281798.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-22 21:29
 ペルパー根性は、やはり困難に立ち向かい、それを克服できたとき光る。「黄色いエプロンが良く似合う」と。「冗談いえるくらいなれて欲しい」と。「私は怖くない」と。可愛らしい笑顔いっぱいに語るおばあさん。大好き!。自信を与えてくれて、本当に感謝。
a0085663_19432293.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-19 19:44
 よりよい介護の1つに「お年よりの話を聞く」がある。目は口ほどにものを言いともいうが、口元と、目元を同時に見ながら話しをきくようにする。しかし、耳と頭の方が良いかしらなど、試行錯誤。梅雨のような雨が降り始めた。初夏が来て、梅雨がきて、明けて真夏。もうそこまできている。
a0085663_11312169.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-17 11:33
 高齢者の幸せの1つに、より良い介護を受ける権利がある。母の日の夜に、自分の85歳の母親に電話した。何の心配もなく、子供に迷惑をかけないことをモットーにしている、無償の愛のひとだ。しかし今夜は、激しい風邪声で、医者に行くことを、私の方から懇願した。何とか理解してもらえ、血液検査まで受けてくれたと言う。ヘルパーとなって本当に良かったと、心から思えた。
a0085663_22595788.jpg

[PR]
by marry60 | 2007-05-16 23:01