ブログトップ

maririnnロラのあや日記

marry60.exblog.jp

働きながらのボランティア日誌

<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

高齢者にとって、スキンシップは効果的とのこと。しかし男性から女性へは、基本的に禁止とのこと。男性ヘルパーが増え、女性の利用者が増えてくると現代社会の人間関係の矛盾が爆発するのではないかと想うのは、思い過ごしでしょうか。
a0085663_212838.jpg

[PR]
by marry60 | 2006-10-31 21:02
当然ながら高齢者には、戦争体験者が多い。とりわけ男性は、戦友や、家族を無くした方が、レクリエーションで軍歌を歌うと言う。勿論涙とともに。男性高齢者の身近な人との信頼関係は、女性ペルパーの命のようなもの。
a0085663_22264060.jpg
a0085663_22265672.jpg

[PR]
by marry60 | 2006-10-29 22:27
本音と建前が違うとずれていく。言っている事と、やっていることが違うと、だんだんばらけてくる。そんな介護の修羅場で、ベテランであってもボロボロになるという。今そこに生きている人を理解すること・・・・あくまでも介護は、人なのです。自分も相手も同じ人間なのです。今そこにいるという、前提作りから始めるしかないようです。
a0085663_17104625.jpg

[PR]
by marry60 | 2006-10-28 17:10
対人関係の中での介護・ケアにとって、善意はどのように働くのか。結局は、説教になり、脅しや透かしになり、しつこくなり、効果的でないか、逆効果を生む結果となる。つまりやってもしょうがないということ、場合によっては、自立を
a0085663_15111247.jpg
邪魔しているだけと言う惨めなことにもなりかねない。
[PR]
by marry60 | 2006-10-27 15:11
テレビの報道では、加齢臭にヨーグルトがよいという。大腸の働きが落ちると、排泄時の匂いがどうじても強くなると言う。ヨーグルトを料理に使って、お年よりが満遍なく摂るようにすると匂い
a0085663_21471475.jpg
はかなり改善されると言う。
[PR]
by marry60 | 2006-10-26 21:47
高齢者と接していると、自尊心の強さと誇りの高さにやはり気が付く。敬老精神と思いやりの気持ちで事を運ぶのみのような気がしてくる。介護労働って、やっぱり血まみれ、命懸けみたい。でもどんな仕事でも、同じようなことが言えるかも。それを乗り越えられるのは、チームワークのようです。
a0085663_2342332.jpg

[PR]
by marry60 | 2006-10-25 23:42
秋が深まっていく。風邪を引きそう・・・・・。当然高齢者にとって風邪は、肺炎の危機となるので、絶対に避けなければならない。まずヘルパーから。うがいは、ガラガラを30回、手を丁寧に洗う。プロは、上着は、外で払ってから、入るという。エプロンはその度に変える。勿論いつもの健康管理、睡眠、食事、疲労のペースを崩さぬよう・・・・暖房をそろそろ考え、コートにセーターを出して・・・・・。健康で働き続けられる幸せを護りたい。
a0085663_1431992.jpg

[PR]
by marry60 | 2006-10-24 14:31
笑顔、笑い声、柔らかい表情が介護労働の人間関係を創っていく。それほど厳しいとも言えるのでしょう。しかし先輩ヘルパーは言います。「高齢者との間で、紡ぎだされるような人間関係は、家族以上のもの
a0085663_2345410.jpg
」と。
[PR]
by marry60 | 2006-10-20 23:05
今日のNHK、クローズアップ現代に、介護労働者の厳しい労働条件が、制度を脅かしている・・・みたいなこと言っていたが、問題だと思う。もの凄い矛盾を背負っているのが介護労働。論じないこと事態が許せないことなのです
a0085663_220074.jpg

[PR]
by marry60 | 2006-10-19 22:00
一生懸命やって、あっさり行く・・・・それって、潔いと言うことでしょう。私もそうありたいと思う。はたしてどうでしょうか。逆の人が結構いたりして。実際問題となるとほんの少しの人しかいないようにも見える。
a0085663_2044312.jpg

[PR]
by marry60 | 2006-10-17 20:44